理念・基本方針等

理念

真観(しんかん)
正しくみて 正しく手当てする

基本方針

  1. 「からだ」・「こころ」・「いのち」を一つとみて、質の高い安全な医療を実践します。
  2. 患者さんとご家族に信頼され、地域で喜ばれる病院を目指します。
  3. 教育病院として良き医療従事者を育成します。
  4. 誇りと願いを持ち、温かいふれあいを実践します。

患者さんに対する医療の提供にあたっての基本的な考え方

当院の「理念」である、「真観(しんかん)」、「正しくみて、正しく手当てする」には、診療にあたって、これを受ける患者さんの身体状況、病状のみならず、患者さんの世界観や考え方、患者さんのご家族、その他患者さんを取り巻く環境を「正しくみる」ことも含まれています。このことを踏まえて、当院は、患者さんに対して医療を提供するにあたって、提供する医療の内容が良質かつ適切なものであることはもちろん、それが患者さんの真の意思に沿うものとなるよう、患者さんやそのご家族と十分にコミュニケーションをとるとともに患者さん等の意思決定に必要な支援を行います。
当院における具体的な取り組みは、例えば、次のとおりです。

  1. 宗教上の信念に反することを理由とする輸血拒否への対応
    当院では、患者さんより自らの宗教上の信念に反することを理由として輸血を伴う医療行為を拒否する旨が明確に示された場合、できる限り患者さんの意思を尊重して医療を提供します。ただこの場合であっても、患者さんの救命のために必要と判断したときは、救命するうえで最低限の量の輸血を実施します。

  2. 人生の最終段階における医療の提供のあり方
    当院では、「人生の最終段階における医療に関する指針」を定めて、これに従って医療の提供及び提供する医療方針の決定を行います。

  3. DNAR(蘇生措置拒否)への取り組み
    当院では、「人生の最終段階における医療に関する指針」の内容を踏まえて、特に「Do Not Attempt Resuscitation (DNAR)指示に関する指針」を定めて、これに従ってDNAR指示を行います。

  4. インフォームド・コンセントを充実させるための取り組み
    当院では、インフォームド・コンセントをより充実したものとする観点から、手術はもちろん、肉体的侵襲を伴う検査の実施、重大な副作用のある薬剤の投与に当たっては、原則として患者さんに対し、事前に作成された詳細な説明文書に基づく説明をしたうえで、その同意を受けることとしております。

  5. 日本語が十分に理解できない患者さんへの対応
    当院はJMIP(外国人患者受け入れ医療機関認証制度)を取得しております。 当院では、医療の提供に当たって日本語を使用することを踏まえて、日本語が十分に理解できない方に医療通訳のサービスを提供するため「通訳リーフレット」をご用意するとともに、特に希望する患者さんには「通訳タブレット」の貸し出しを行っております。

患者さんの権利と皆さまにお守りいただきたい事

患者さんの権利

病院の理念と基本方針に基づき、患者さんの権利を守ります。

  1. 子どもを含め何人たりとも、人間としての尊厳が守られ、良質な医療を受けることができます。
  2. ご自身の情報を得て医療に参加できます。
  3. ご自身の病気や治療について、十分な説明を受けることができます。
  4. 他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。
  5. 提示された治療を選択し受け入れる、または拒否することができます。
  6. ご自身の情報やプライバシーが、適切に守られます。
患者さんにお守りいただきたい事
  1. ご自身の病状について、詳しくお伝えください。
  2. 検査や治療の内容を十分理解し、合意のうえでお受けください。
  3. 当院のルールを遵守してください。
  4. 他の患者さんの迷惑になる行為や、病院の業務の妨げになる行為は、おやめください。
  5. 受けた医療に対し、診療費をお支払いください。

職業倫理

医学および医療は病める人の治療はもとより、人々の健康の維持もしくは増進を図るもので、本院職員は責任の重大性を認識し、職務にあたります。

  1. 本院職員は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、医学および医療の進歩・発展に尽くします。したがって、医療者の医療における言葉と行動にはつねに個人的責任が伴います。
  2. 本院職員は職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、品格を高めるよう努めます。
  3. 本院職員は医療を受ける人々の人格を尊重し、優しい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努めます。
  4. 本院職員は、医療を受ける人々のプライバシーを尊重し、守秘義務を遵守します。
  5. 本院職員はお互いに尊敬し、協力して医療を行うとともに、医師を含む医療従事者は例外なくその能力・適性を維持するように努めます。
  6. 本院職員は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範を遵守します。

子どもの権利憲章

当院(とういん)では、子どもたちは、以下(いか)の権利憲章(けんりけんしょう)のもとに医療(いりょう)を受(う)けることができます。

子ども権利憲章はこちら

組織図

組織図をご覧になられる方は下記よりPDFファイルをご覧下さい。

病院組織図