病院案内

病院沿革

昭和27年8月 宗教法人立正佼成会の社会貢献事業の一環として、中野区に交成病院開設。(内科、外科、小児科、産 婦人科、歯科、院長以下職員31名、病床数23床)
昭和34年9月 地上7階、地下1階の本館落成(東館)、標榜診療科に眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、皮膚科、放射線科を加え、総合病院としての機能を満たす。
昭和35年6月 病院名称を立正佼成会附属佼成病院に改める。
昭和35年12月 診療科に麻酔科を加える。
昭和36年7月 病床数 一般323床、結核15床、計338床。
昭和44年6月 腎透析センター新設。
昭和51年5月 診療センター落成。
平成9年3月 健診センター開設。(総合健診室と人間ドック統合)
平成14年9月 日本病院機能評価認定。(一般病院種別B)
平成14年10月 日本医療機能評価 病院機能評価(一般病院種別B)認定。
平成16年4月 緩和ケア病棟・療養型病床開設。
平成16年8月 病床数 一般331床、療養病床32床、計363床。
平成19年10月 日本医療機能評価 病院機能評価(一般200床以上500床未満)認定。(Ver5)
平成24年9月 病床数 一般313床、療養病床32床、計345床。
平成24年10月 日本病院機能評価認定。(Ver6)
平成26年9月 杉並区に新病院開院。(一般病床:300床、緩和ケア病床:20床、療養病床:20床)
平成28年12月 一般病床:250床、地域包括ケア病床:50床、緩和ケア病床:20床、療養病床:20床。
平成29年2月 国際部新設。
平成29年6月 日本病院機能評価更新。(3rdG:Ver.1.1)
平成30年3月 JMIP Ver2.0認証
平成30年4月 患者サポートセンター開設
令和元年12月 9階病棟小児病棟稼働開始(21床)
療養病棟20床を一般急性期20床へ病床種別の変更を行い、一般病床340床となる