診療情報の開示

診療情報の開示(カルテ開示)について

  1. 患者さんへの診療情報提供に関する当院の方針
  2. 開示申請の範囲
  3. 開示申請の方法
  4. 開示申請をお断りする場合
  5. 開示申請ができる方
  6. 開示のながれ
  7. 開示申請に必要な書類
  8. 開示に係わる費用
  9. 開示に関するお問合せ先
  10. 申請書

1.患者さんへの診療情報提供に関する当院の方針

患者さんが安心して診療を受けることができるように当院では丁寧な情報提供を職員全員が心がけております。それは、患者さんがご納得され診療を受けられることは治療効果に寄与するばかりでなく、診療に対する患者さんの可能なかぎり参加の促進や患者さんと当院職員間の信頼関係の確保につながるからです。診療中の説明以外にもご希望があれば患者ご本人の申請による診療情報の開示(いわゆるカルテ開示)を申請できます。診療情報の開示は患者さんの権利の一つであり、積極的に診療情報の提供を行っております。一方で、診療情報は患者ご本人にとってはきわめて秘匿性が高い個人情報であり、プライバシー保護と守秘義務という原則から、診療情報等の開示の際にはご本人確認をはじめとして慎重なステップを踏ませていただいております。そのため申請を頂いてから開示するまでに2週間程度の時間を要しますことをあらかじめご了承ください。

2.開示申請の範囲

2-1 開示対象期間
当院にて電子保存されている1996年(平成8年)以降の診療情報が対象範囲です。ただし、2014年(平成26年)9月以前の情報の中には一部電子保存されていない情報もありますのでご了承ください。

2-2 開示対象となる情報
診療の過程で、患者さんの身体状況、病状、治療などについて診療情報管理を目的として当院職員が記録した情報です。
ただし、一部開示対象にならないものもあります。

3.開示の方法

下記のいずれかの方法で申請をお願いします。

3-1 診療録の開示
① 写し(電子記録の印刷、紙記録の複写)の交付
② 閲覧(最大2時間以内)

3-2 その他の診療情報の説明
③ 口頭による説明
(なお、説明する医師及び説明に要する時間はその都度当院にて決定させていただきます。)
④ 文書による説明

注) 閲覧と口頭説明の場合は、ボイスレコーダーや写真機などの記録機器の持ち込みはお断りしております。
注) 当該職員が既に退職後の場合は、口頭説明に対応できかねる場合があります。

4.開示申請をお断りする場合

次のいずれかに該当する場合は不開示とさせていただきます。

  • 開示することが患者ご本人の治療効果や心身の状態への悪影響が予想される場合
  • 開示することが患者ご本人と関係者(ご家族や当院職員)と人間関係が悪化することが予想される場合
  • 患者ご本人に告知していない病名などが記載されている場合
  • 患者ご本人が不開示の意思を表明している場合
  • 患者ご本人が『知らないでいたい希望』を表明している場合
  • 18歳未満の患者の法定代理人による申請がなされた場合、提供することが患者ご本人の利益を損なう場合
  • 当院職員以外の記録が含まれており、当該第三者の了解が得られない場合
  • 開示申請に必要な書類に不備がある場合
  • その他開示を不適当とする理由があると病院長が認める場合

5.開示申請ができる方

患者ご本人からの申請を原則としております。ただし、ご本人以外の方が申請できる場合もあります。

●ご本人による申請
18歳以上 ■患者ご本人
12歳以上18歳未満 ■患者ご本人と親権者その他法定代理人【患者ご本人の同意が必要です】
注)疾患内容によっては患者ご本人のみの申請を受け付けます
12歳未満 ■親権者その他法定代理人
●本人以外による申請
【本人による申請ができない場合に限ります】
■患者本人に判断能力がないと判断されている場合は、患者ご本人と生計を同じくする配偶者等
■患者ご本人がお亡くなりになっている場合は、患者ご本人の法定相続人
  なお、法定相続人が複数居るときは、申請者以外の法定相続人の同意書も必要となります。

6.開示のながれ

6-1 全体の流れ

【申請者】
申請書、必要書類提出
【診療情報管理室】
診療情報開示申請回答書
諸費用の請求
【申請者】
費用の支払
【診療情報管理室】
写しの交付、閲覧・文章による説明

6-2 開示申請の受付と各写しの交付について
 開示申請の受付は、『当院1階文書窓口(C)』にて行ないます。その際に「診療情報の開示」とお申し出下さい。
 また、写しの交付も『当院1階文書窓口(C)』にて行ないます。写しの交付を受ける際には、当院からお送りした回答書をご持参頂き、必ず申請者がご来院下さい。なお当院では、電話・郵送・インターネット等による開示申請は応じかねます。同様にこれらによる写しの交付についても応じかねます。

7.開示申請に必要な書類

 開示申請にあたっては、次の書類をご用意ください。当院指定の用紙については、当院において交付を受けるか、あるいは当院ホームページからダウンロードしてご用意ください。

7-1 必要書類の種類

●ご本人からの申請の場合
18歳以上 ■診療情報の開示に関する申請書(当院指定用紙)
■開示申請する方がご本人であることを確認できる書類
12歳以上18歳未満 ■診療情報の開示に関する申請書(当院指定用紙)
■患者ご本人の同意書 (当院指定用紙)
■開示申請する方の身分証明書
12歳未満 ■診療情報の開示に関する申請書(当院指定用紙)
■患者ご本人との続柄がわかる公的書類
■開示申請する方の身分証明書
●本人以外の申請の場合
■診療情報の開示に関する申請書(当院指定用紙)
■当該患者が除籍になっている証明書 (患者ご本人がお亡くなりになられている場合)
■患者ご本人との続柄がわかる戸籍謄本(全部事項)
■開示申請する方の身分証明書

注)身分証明書は、公的機関が発行したもので、かつ顔写真が添付しているものに限ります。
(具体的には、・運転免許証・旅券(パスポート)・顔写真付きマイナンバーカード のいずれかです。)

8.開示に係わる費用

次のとおり料金(税込み)を定めていますので、当院から請求後にお支払いいただきます。

開示基本料金(1申請につき) ¥3,300
写しの交付(A4サイズ白黒、1枚につき) ¥30
画像データ (CD-R 1枚につき) ¥1,650
事務記載の証明等 開示基本料金に含む

注1) 最近、B型肝炎関連訴訟に関連して、古いカルテの問い合わせがあります。お調べした結果カルテがなかった時は、当院にてカルテの不存在証明書を作成、交付しております。この場合は、上記の開示基本料金のみを申し受けます。

9.開示に関するお問合せ先

ご不明な点は下記までお問い合わせください。

佼成病院 診療情報管理室
〒166-0012 東京都杉並区和田2丁目25-1 代表電話番号 03(3383)1281
受付時間  月曜~金曜 9:00~16:00  土曜 9:00~12:00(祝日は除きます)

※お問い合わせの場合は、「診療情報提供に関すること」、「カルテ開示」などとお申し出ください。
※ネット上でのお問い合わせは承っておりません。