診療科案内

ホーム > 診療案内 > 診療科紹介 > 外科 > 乳腺外科

乳腺外科

  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介

乳腺外科 医師退職のお知らせ(PDF)

Q&Aで見る乳癌について

乳癌検診は本当に必要?

 乳癌は日本でもいまや12人に1人の女性が罹患する病気になりました。毎年80000人以上の方が乳癌と診断され13000人以上が亡くなっています。これでも他の先進国に比較して死亡率は低い方なのですが、他の先進国の死亡率が年々低下してきているのに対して日本ではまだ上昇し続けています。これは検診受診率が20%台と大変低いことが原因と考えられており、他の先進国に比べ実に1/3程度しか検診を受けていません。つまり検診を受けないがために病状が進行してから見つかる方が多いため死亡率の低下につながらないのです。

乳癌の原因は何?

 遺伝性の乳癌は10%程度しかなくほとんどの乳癌は遺伝に関係なく発生します。乳癌のリスクと考えられているのはエストロゲンという女性ホルモンです。このホルモンに暴露されている期間が長いほどリスクが上がります。つまり初潮が早い・閉経が遅い方はリスクが高くなります。また出産や授乳期間はエストロゲンの暴露がなくなりますので出産や授乳が多い女性ほどリスクは下がります。最近乳癌の罹患率が上昇している背景には晩婚化や少子化があると考えられています。他には喫煙や飲酒、閉経後の肥満などもリスクが上がります。

何も症状がないのに、検診で「精密検査を受けて」と言われてしまいました

 乳癌は自覚症状がほとんどありません。乳房痛は乳腺症という疾患が原因のことがほとんどで乳癌から痛みが出ることはまずありません。鏡を見たら乳房の表面が凹んでいた、触ってみたらしこりを触れた、乳頭から黒い分泌物が出たなどの自覚症状で発見される乳癌もありますがこれらの自覚症状が出てからでは病状が進行していることが多いので自覚症状のないうちに検診で発見することをお勧めします。日本では40歳以上の女性を対象に各自治体が2年毎にマンモグラフィ検診を実施しています。マンモグラフィはX線を使用しますが微量なので被爆についてはそれほど神経質にならなくて大丈夫です。乳癌の検査には他に乳房超音波検査がありマンモグラフィ検診でさらなる精査が必要(要精査)と診断された場合は2次検査として乳房超音波検査を受けることになります。どちらの検査が優れているということはなくより再現性や客観性があることから検診にはマンモグラフィが用いられています。検診で要精査と診断されてもそのなかで本当に乳癌が見つかる人は2〜3%です、つまり要精査となった100人のうち97〜98人は乳癌ではないということになりますので過度に怖がらず2次検査を受けることをお勧めします。

乳癌にはどんな治療法があるの?

 乳癌と診断された場合は治療が始まります。手術や放射線など局所を対象にした治療と化学療法や内分泌療法(ホルモン療法)、分子標的治療など全身を対象にした治療があり乳癌のステージやサブタイプによって選択します。

 手術には大きく分けて温存術と全摘術があります。数年前に再建術が保険適応となったことで全摘術+再建術を希望する患者さんが増えました。まだ保険は適応されていませんが『ラジオ波焼灼術』という針を刺して癌に熱を加えて死滅させる方法もあり臨床試験が進められています。以前は乳房の手術と同時にわきの下のリンパ節も摘出していたため術後数年してから腕がパンパンにむくんでしまうリンパ浮腫という合併症がありました。この合併症を減らすためにセンチネルリンパ節生検という方法が考案され乳癌の転移がなければリンパ節を無駄に摘出することはなくなりました。センチネルリンパ節生検には特殊なカメラやその場で転移の有無を判定する病理の先生が必要ですが当院には両方とも揃っており安全に施行することができます。手術に必要な入院期間は5日間から10日間ほどで特別なリハビリなく術後2日目から腕をもとのように動かせるようになります。退院後は入院前と同じ日常生活を送ることができますので仕事を休まれる場合は入院期間+数日間の休みを取得していただければ十分です。当院では乳房再建術が施行できないため再建を希望される場合は再建術のできる病院へ紹介しています。これまでがんセンター中央病院・聖路加国際病院・杏林大学病院などの総合病院の他、ナグモクリニックなど再建術を得意とする専門病院にも紹介しています。

化学療法について教えてください

 全身を対象にした化学療法や分子標的治療は点滴による治療がほとんどですが入院の必要はなく外来で受けられます。化学療法室という専門の部屋でリクライニングチェアもしくはベッドに横になっていただき点滴をします。多くは3週間に1回の治療で1回2〜3時間かかります。化学療法の副作用を心配される患者さんもいますが副作用を緩和させる薬剤の進歩のおかげで以前よりも格段に楽になりましたし、化学療法室には認定看護師が常駐しておりますので安心して治療を受けられます。一方ホルモン療法は内服薬による治療で1日に1錠服薬します。現状では治療期間が5年間ですので長いと感じるかもしれませんが副作用はほとんどありませんので楽に継続していただけると思います。

 手術後は全身治療中であっても遠隔転移の出現の有無や反対側の乳房に新たな癌が出現していないかを定期的に検査します。以前勤務していた杏林大学病院では年間250件ほどの手術がありそのうち約80件を主治医として執刀していました。これまで約700人を執刀し術後のフォローをしていましたが当院に着任するにあたりそのうち200人ほどの患者さんがついてきてくれました。乳癌はサブタイプによっては非常にゆっくり成長するものもあるため術後10年間くらいは定期受診する必要があります。長丁場になりますので自宅や職場から通院しやすく信頼できる施設で治療を受けることをお勧めします。

担当医のご紹介

伊美 建太郎 いみ けんたろう 杏林大学
2002年卒業
専門分野
乳腺外科
専門医資格
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本外科学会専門医
  • マンモグラフィ読影認定医


  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介
診療科案内

外来のご案内

入院のご案内

お見舞いのご案内

診療科案内 電話:03-3383-1281 〒166-0012 東京都杉並区和田2-25-1<交通アクセス>

このページのトップへ

日本医療機能評価機構 認定第GB331号
CUDマーク
女性活躍推進法