診療科案内

ホーム > 診療案内 > 診療科紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介

治療方針

 リハビリテ−ション科(以下、リハビリ科と略します)の診療目的は “障害をもった人に最善の形で社会へ帰っていただく”ことにあります。
われわれ佼成病院リハビリ科では、理学療法(運動療法)・作業療法(日常生活動作)・言語聴覚療法(言語・嚥下・高次脳機能障害)を中心とした診療を行っていきます。
対象疾患としては、脳血管疾患・骨関節・神経・筋疾患を主に、循環器疾患・呼吸器疾患・心理的疾患などに引き続いて発生した障害も含め治療します。
診療の場としては、外来通院・入院とがあります。
当院はリハビリ科独自の入院ベッドは有していません。
入院リハビリは、急性期病棟(HCU・CCU含む)・療養型病棟・緩和ケア病棟の患者様を対象として行なっています。
リハビリ科一同は、今後もさらに、より良いリハビリテーションを追求していこうと考えています。
※現在、他の医療機関からの紹介による外来リハビリをお受けできません。

リハビリテーション部について

部 長:丸野 秀人(医師 整形外科兼務)
技師長:及川 雅博(PT)

スタッフ
リハ専任医師 1名
PT 11
OT 2
ST 2
助手 2
          心臓リハビリテーション指導士 2名
施設基準 

□運動器疾患リハビリテーション(T) □脳血管疾患リハビリテーション(U)
□廃用症候群リハビリテーション(U)
□呼吸器疾患リハビリテーション(T) □心大血管疾患リハビリテーション(T)

特徴・目標

  • 20診療科をもつ総合病院の急性期・療養・緩和病棟の幅広いリハビリテーションを行っています。
  • 新病院移転に伴い、心大血管疾患リハビリテーション施設基準を取得。心大血管疾患リハビリを積極的に行っていきます。
  • 高機能車椅子・評価機器を導入し、シーティングをチームで実践していきます。褥瘡対策・NSTチーム医療と連携し二次的合併症の予防に努めます。
  • スリングセラピー(レッドコードを全ベッドに設置)を積極的に導入し、効果的なリハビリを行っていきます。関連研修会に積極参加していきます。院内勉強会も開催します。
  • 杉並・中野区の地域連携に努めています。
  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介
診療科案内

外来のご案内

入院のご案内

お見舞いのご案内

診療科案内 電話:03-3383-1281 〒166-0012 東京都杉並区和田2-25-1<交通アクセス>

このページのトップへ

日本医療機能評価機構 認定第GB331号
CUDマーク
女性活躍推進法