診療科案内

ホーム > 診療案内 > 診療科紹介 > 眼科

眼科

  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介

治療方針

 目は五感のうちとても重要な感覚器官で、外界からの情報の80%を目から得ていると言われています。また、目の異常は全身の疾患のサインであることもよくあります。糖尿病や高血圧、あるいは炎症性の疾患などはしばしば目の所見から発見されることもあり、目の症状が出てからでは手遅れになることもあります。こうした疾患を管理することは他科との連携ができる総合病院ならではあり、また手術を必要とする場合には患者様のニーズに合わせて、場合によっては全身的な治療プランを考えていきます。 また、目はとても小さい臓器ですが、近年のiPS細胞の研究からも分かる通り、検査や治療の進歩がめざましく、緑内障などの疾患はより早期に見つけることができるようになってきました。当院の診療モットーである「真観」は正しく診る、正しく診察して適切な治療をする、ということです。このため必要な検査をした上で正しく診察させていただいています。そして十分に病状について説明し患者様にご理解いただいた上で治療させていただきます。

診察している疾患

 
疾患名
関連する疾患
眼瞼疾患 麦粒腫、霰粒腫、眼瞼内反、眼瞼下垂等
結膜疾患 感染性結膜炎、アレルギー性結膜炎、結膜弛緩、翼状片等
角膜疾患 感染性角膜炎、角膜変性等
ぶどう膜疾患 ぶどう膜炎
網膜疾患 糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性、網膜静脈閉塞症、網膜剥離等
水晶体疾患 白内障
緑内障 原発緑内障、続発緑内障
斜視・弱視 間欠性外斜視、調節性内斜視等

得意分野の疾患

白内障

 白内障は目の中の水晶体と言われるレンズが濁る病気です。加齢性のものが大半ですが、他の眼の病気に続発するものや全身疾患、外傷、薬剤により起こるものもあります。 軽度で視力も出ている症例では経過観察ですが、進行して視力低下も起こってくると根本的な治療は手術しかありません。一般的には水晶体の濁りをとって人工の眼内レンズをいれる手術になります。

白内障

緑内障

 緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野が狭くなる疾患で、中途失明(健康な目の方が失明してしまう)の原因の第一位です。眼圧上昇がその主な病因といわれています。
目の中には房水という、目の中に栄養を与えてくれる液体が入っています。その房水は常に入れ替わっていますが、角膜の隅には房水の排水溝の役目をしているところ(線維柱帯)があります。その排水溝の状態により眼圧が高くなることがあり、緑内障のタイプが分けられます。

  1. 原発開放隅角緑内障:排水溝(線維柱帯)の入り口(隅角)は広がっていますが、線維柱帯が目詰まりして、眼圧が高くなるタイプ。
  2. 正常眼圧緑内障:眼圧が正常にもかかわらず緑内障になるタイプ。
  3. 原発閉塞隅角緑内障:隅角が狭くなって眼圧が高くなるタイプ。
  4. 発達緑内障:生まれつき隅角の発達が悪いタイプ。
  5. 続発緑内障:目の炎症や糖尿病、特殊な薬剤により眼圧が高くなるタイプ。

 治療は基本的には眼圧を下げることですが、状態に応じて点眼薬やレーザー治療、手術を行うことがあります。

糖尿病網膜症

 糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、成人中途失明の主要原因となっています。糖尿病網膜症は、進行の程度により、単純糖尿病網膜症、前増殖糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症の三段階に分類されます。単純糖尿病網膜症は初期の網膜症です。細い血管の壁が盛り上がってできる血管瘤(毛細血管瘤)や、小さな出血(点状・斑状出血)、蛋白質や脂肪が血管から漏れ出て網膜にシミ(硬性白斑)を形成することもあります。これらは血糖値のコントロールが良くなれば改善することもあります。前増殖糖尿病網膜症では、細い網膜血管が広い範囲で閉塞し、網膜に十分な酸素が行き渡らなくなり、その結果として新しい異常血管(新生血管)を作り出す準備を始めます。蛍光造影眼底検査で異常な部位を診断し、網膜光凝固術(レーザー)を行う必要があります。増殖糖尿病網膜症は進行した糖尿病網膜症で重症な段階です。新生血管が成長し破れ出血を生じることがあり、出血量が多い場合視力低下を来たします。さらに線維性の増殖膜が生じた場合は、これが網膜を引っ張り網膜剥離が起こることがあります。これらの状態には硝子体手術が必要となります。また全ての病期で糖尿病黄斑症をともなうことがあり、黄斑付近にむくみ(浮腫)が生じ視力が低下します。黄斑浮腫に対しては、浮腫を悪化させると言われている血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)を阻害する薬剤を眼内に注射します(硝子体内注射)。現在糖尿病黄斑浮腫に認可されているVEGF阻害薬にはルセンティスR、アイリーアRという薬があり、いずれも病勢に応じて注射します。
 このように糖尿病網膜症は段階によって治療が必要ですが、治療の時期が遅れるとうまくいっても日常生活に必要な視力の回復が得られないこともあります。糖尿病網膜症はかなり進行するまで自覚症状がない場合もあり、まだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。糖尿病の人は目の症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けることが重要です。

増殖糖尿病網膜症の蛍光造影眼底写真
加齢性黄斑変性

 加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。欧米では成人の失明原因の第1位で、人口の高齢化と生活の欧米化により近年日本においても著しく増加しています。黄斑とは網膜の中心にある直径1.5mm〜2mm程度の小さな部分ですが、障害されると視力が著しく低下し、運転免許を更新したり、字を読むことができなくなったりします。加齢黄斑変性には大きく分けると萎縮型と滲出型の2つの種類があります。萎縮型は網膜色素上皮の萎縮にともない、網膜が障害され視力が徐々に低下していく病気です。滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が生じ、網膜が障害される病気です。脈絡膜新生血管のために、網膜浮腫や出血が生じ、網膜を障害し視力が低下します。診断には視力検査、眼底検査、網膜光干渉断層計(OCT)、蛍光眼底造影検査等を行います。
 治療法は、萎縮型には現在のところ治療方法はありませんがサプリメントの内服が進行を遅らせることに有効と考えられています。滲出型にはいくつかの治療法がありますが、第一選択は薬物治療です。脈絡膜新生血管の発生に関係していると言われている血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)を阻害する薬剤を眼内に注射します(硝子体内注射)。現在認可されているVEGF阻害薬にはマクジェンR、ルセンティスR、アイリーアRという3種類の薬があり、いずれも4〜6週ごとに病勢が落ち着くまで注射します。その後は定期的に診察をし、再発に注意し維持治療を行います。もう一つの治療法として、光線力学的療法(photodynamic therapy:PDT)があり、ビスダインRという光感受性物質を点滴し、その後に脈絡膜新生血管を含む病変部へ非常に弱い出力の専用のレーザーを照射する治療法です。治療は眼科PDTの認定医が行います。
 加齢黄斑変性の治療はこの数年で進歩しており、早期発見できれば視力を温存する事が可能となってきています。片目で見た時に「ものがゆがむ」「中心が見えない」などの症状があれば、早めに検査を受けるようにして下さい。

網膜光干渉断層計で撮影した
脈絡膜新生血管(赤矢印)
VEGF阻害薬による治療後
加齢黄斑変性の眼底写真

手術実績

 手術は白内障を中心に週4日行っています。白内障は日帰り手術・入院手術が可能で、患者様のニーズに応じて対応しています。緑内障手術は流出路再建術・濾過手術を行っており、視野障害の進行防止に寄与しています。また硝子体手術は、黄斑前膜や黄斑円孔、糖尿病網膜症などを行っております。


 
平成24年
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
白内障
253
298
357
472
483
緑内障
8
15
19
18
22
硝子体手術
0
0
8
16
20
その他
6
10
15
6
8
  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介
診療科案内

外来のご案内

入院のご案内

お見舞いのご案内

診療科案内 電話:03-3383-1281 〒166-0012 東京都杉並区和田2-25-1<交通アクセス>

このページのトップへ

日本医療機能評価機構 認定第GB331号
CUDマーク
女性活躍推進法